MENU

お問い合わせ・お取り引きに関してはこちら

銚子港の恵み

関東の最東端、太平洋にせり出した銚子の沖合は、世界最大規模の暖流「黒潮」と、非常に栄養塩に富んだ寒流「親潮」が激しくぶつかり合う最高の漁場となっていて、全国から漁船が集まります。
たくさんの漁船から水揚げされる魚は、サバやマイワシを中心に数多くの種類におよび、銚子港は2011年から8年連続で日本一の水揚量を誇っています。

新鮮なまま水揚げされた魚は鮮魚としてだけではなく、銚子ならではの整った環境を通じて全国に出荷されていきます。魚をいち早く運ぶ運送業、鮮魚を選別し直ちに冷凍する冷凍業、急速凍結された魚を解凍し加工する加工業、製品の容器を作る包装資材業など、大勢の人たちがお互いに関わりあって江戸時代から漁業の町として栄えた銚子を支えています。

水産業界が力を合わせて培ってきた「千葉県銚子産」という全国的に認知されている良質な魚を、よりおいしく加工してお客様にお届けしたいという思いで当社は日々歩んでおります。

銚子港の恵み

PAGETOP